債務整理のやり方

では具体的に、債務整理にはどのようなやり方があるのでしょうか。ほとんどの人が選ぶのは、任意整理というやり方です。この方法を使えば、利息がカットされたり、月々の返済額が少なくなったりするので、無理なく返済を続けることができます。任意整理にはデメリットも少なく、多くの人がこのやり方を選んでいます。

家また、家などの個人資産を手放したくない人には、個人再生がおすすめです。任意整理と同じく、利息や返済額を調整するやり方ですが、返済期間が3年間と定められているのが特徴です。安定した収入があり、返せるめどがある場合には、この方法が適しています。

しかしどうしても返せるめどが立たない場合は、自己破産という方法をとることができます。借金は全額免除され、この手続きが終わったら、返済の義務もありません。ただ、家などの資産は手放すしかないでしょう。また、金融機関のブラックリストにものるので、今後の人生設計に支障が出ることもあります。

とはいえこの自己破産で、人生をやり直している人は大勢います。世間では、自己破産をすると全てをなくすかのようなイメージを持たれますが、そういうわけでもないからです。選挙権はありますし、自己破産の件が会社に知られることもありません。人生をやり直すために、自己破産を選ぶのも悪いことではありません。

債務整理をすべきとき

借金が家計を大きく圧迫し、どうしようもなくなったら、弁護士に相談しましょう。弁護士は、借金問題を合法的に解決する手段を知っています。催促に悩まされている人はなおのこと、月々の返済額を減らしたいという人にも、弁護士は力になってくれます。

悩む男性

具体的には、借金の額が年収の3分の1になるようであれば、債務整理を検討すべきです。安定した収入があっても、生活はかなり厳しくなっているでしょう。中には、この段階になると、返済額を融通するために他社からの借入を行う人も出てきます。一度このような自転車操業に陥ると、借金問題の解決は難しくなります。

しかし借入をしたくないといって、返済を滞納するのも問題です。滞納が続けば、金融会社のブラックリストに載ってしまうので、今後大きな買い物をするときにもローンを組むことができません。人生設計に大きな狂いが出る前に、法律家に相談したほうがよいでしょう。

また、返しても返しても借金が減らない場合は、契約に問題がある可能性もあります。そのような場合、個人で解決を目指しても、どうしようもありません。こうしたときも、弁護士の力を借りることで、利息を軽減したり、借金の総額を減らしたりすることができます。

〔関連HP〕弁護士法人アディーレ法律事務所

債務整理で借金問題を解決

¥マーク借金も金額が大きくなると、個人の力ではどうしようもなくなってしまいます。収入が劇的にアップすれば別でしょうが、ほとんどの場合その可能性はゼロに近いものです。むしろ、生活は圧迫され、精神的な負担は増すばかりで、どうにかしようという気力さえなくなるものではないでしょうか。

そんなときに考えたいのが、弁護士への相談です。弁護士には、借金問題を法的な手段で解決する力があります。たとえば、利息を小さくしたり、返済額を少なくしたりすることです。もちろん、違法な取立てや催促をなくしてもらうこともできます。

月々の返済額が少なくなれば、生活に多少のゆとりも生まれるかもしれません。そうすることで、より前向きに仕事に取り組み、劇的とはいかないまでも収入を上げるチャンスも手にすることができるでしょう。借金問題は、個人で抱えるべきことではないのです。

このサイトでは、弁護士の力を借りてできる、合法的な借金問題の解決法について述べています。中でも、多くの人が選ぶ債務整理について、詳細をまとめました。安定した収入がある人、無理のない返済を続けたい人、金額が大きすぎてどうにもならない人と、パターンごとの解決方法を提示しています。

債務整理は借金問題解決の一手段です。そのやり方はいろいろですが、何もかもすべてを失うわけではありません。資産を失わないための方法や、借金をゼロにするやり方など、借金問題でお悩みの方に役立つ情報をまとめています。