債務整理をすべきとき

借金が家計を大きく圧迫し、どうしようもなくなったら、弁護士に相談しましょう。弁護士は、借金問題を合法的に解決する手段を知っています。催促に悩まされている人はなおのこと、月々の返済額を減らしたいという人にも、弁護士は力になってくれます。

悩む男性

具体的には、借金の額が年収の3分の1になるようであれば、債務整理を検討すべきです。安定した収入があっても、生活はかなり厳しくなっているでしょう。中には、この段階になると、返済額を融通するために他社からの借入を行う人も出てきます。一度このような自転車操業に陥ると、借金問題の解決は難しくなります。

しかし借入をしたくないといって、返済を滞納するのも問題です。滞納が続けば、金融会社のブラックリストに載ってしまうので、今後大きな買い物をするときにもローンを組むことができません。人生設計に大きな狂いが出る前に、法律家に相談したほうがよいでしょう。

また、返しても返しても借金が減らない場合は、契約に問題がある可能性もあります。そのような場合、個人で解決を目指しても、どうしようもありません。こうしたときも、弁護士の力を借りることで、利息を軽減したり、借金の総額を減らしたりすることができます。

〔関連HP〕弁護士法人アディーレ法律事務所