債務整理のやり方

では具体的に、債務整理にはどのようなやり方があるのでしょうか。ほとんどの人が選ぶのは、任意整理というやり方です。この方法を使えば、利息がカットされたり、月々の返済額が少なくなったりするので、無理なく返済を続けることができます。任意整理にはデメリットも少なく、多くの人がこのやり方を選んでいます。

家また、家などの個人資産を手放したくない人には、個人再生がおすすめです。任意整理と同じく、利息や返済額を調整するやり方ですが、返済期間が3年間と定められているのが特徴です。安定した収入があり、返せるめどがある場合には、この方法が適しています。

しかしどうしても返せるめどが立たない場合は、自己破産という方法をとることができます。借金は全額免除され、この手続きが終わったら、返済の義務もありません。ただ、家などの資産は手放すしかないでしょう。また、金融機関のブラックリストにものるので、今後の人生設計に支障が出ることもあります。

とはいえこの自己破産で、人生をやり直している人は大勢います。世間では、自己破産をすると全てをなくすかのようなイメージを持たれますが、そういうわけでもないからです。選挙権はありますし、自己破産の件が会社に知られることもありません。人生をやり直すために、自己破産を選ぶのも悪いことではありません。